JPY

ルイ・ヴィトンのパリショーでは500年分のファッションアイコンが登場
2020-04-14

全ての流行が歴史の中で収束していくのはどうなんだろう? パリ・ファッション・ウィーク最終日、「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」の2020年秋冬コレクションがグランドフィナーレを迎えた。 ショーのキーワードは "アナクロニズム "とのことで、ショー前のプレビューを見ているとわかるのですが、LVバッグを抱えた絵の中から古典絵画が飛び出してきて、古典と現代の激しい衝突が起こりそうですね!
日本国内最高級スーパーコピーブランド販売店
音楽が始まると、グランドスタンドの片側にスポットライトが当たり、200人の仮装した姿が目に飛び込んできて、編集者は思わず感嘆の声を上げてしまいました。 時計じかけのオレンジ』『バリー・リンドン』『シャイニング』などの映画の衣装を手がけた衣装デザイナー、ミレーナ・カノネロが手がけた200体のフィギュアは、15世紀から1950年代までの時代を網羅しています。

ショーグラウンドの音楽も、バロック時代に影響を受けた様々な音楽ジャンルの間にまたがる320年に言及した「Three Hundred and Twenty (320)」という曲があり、非常にトピカルな内容となっています。 時代の激動の音とともに、モデルが写真の男から大きく一歩を踏み出し、ビッグショーが始まる!

<< カナダグース、LVはすべての保護服を作り始めました。

>> 高級ブランドLVはバッグを作らないが、マスクを作る!