JPY

フランスの高級大富豪ピノは、流行病と戦うために給料の一部を手放した。
2020-04-14

10日 AFP=パリ10時)フランスのファッションブランド「グッチ(Gucci)」と「パリハウス(Paris House)」の親会社であるカイユン・グループ(Kaiyun Group)によると、同社のピノ(Pinot)会長兼最高経営責任者(CEO)が4月1日から年末までの1/4の固定給と2020年の変動報酬を免除することで合意したという。

日本国内最高級スーパーコピーブランド販売店
グッチ(GUCCI)、サンローラン(SAINT LAURENT)、バレンシアガ(BALENCIAGA)、ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)などのブティックブランドを展開するケリングは、「2019年のコロナウイルス病(COVID-19)発生の現状と経済活動への影響」を踏まえて決定したと述べた。

昨年は米中貿易戦争の影響で世界経済の成長が鈍化したものの、高級品業界はほぼ無傷でしたが、今年は多くの政府が流行病対策のために必需品以外の店舗の閉鎖を要求しており、高級品業界のビジネスに深刻な影響を与えています。

フランソワ・アンリ・ピノーは、2017年から現在までに120万ユーロ(約3912万元)の固定年俸を得ている。

非固定報酬は会社の業績に応じて変動し、ピノは2018年が190万ユーロだったのに対し、昨年は947,000ユーロの変動報酬を受け取っていると推定されています。

海雲グループは先月、当時の主要市場であった中国の大規模な封鎖が解除された今、売上高が13~14%減少すると予想していると発表した。

<< パリの新作バッグはミニマムに、ウエムラのファンデーションスティックは冬の疲れを効果的に隠してくれる

>> ミシンはまた、流行に対する武器である - ルイ・ヴィトンは、パリの病院のための防護服を作るためにパリの既製服のワークショップを開きます。