JPY

パリの新作バッグはミニマムに、ウエムラのファンデーションスティックは冬の疲れを効果的に隠してくれる
2020-04-14

バレンシアガがミニマルなハンドバッグコレクション「ゴーストバッグ」を発表

トリプルSからトラックトレーナーまで、様々ながっちりした見た目のヴィンテージパパシューズや奇抜な形のジャケットなど、「醜いファッション」という言葉は、デムナ・グヴァザリアがクリエイティブディレクターに就任して以来、バレンシアガのデザインワークを表現するために多くの人に使われてきました。

日本国内最高級スーパーコピーブランド販売店
しかし、これからの2020年春夏コレクションでは、すっきりとしたスタイリングの「ゴーストバッグ」のバッグコレクションが定番アイテムとなっています。 Balenciagaはロゴを重ねるのではなく、バッグの裏側にブランドのロゴをプリントすることで、より多くの人に商品に注目してもらえるようにしました。

この控えめなアプローチとペアになっているのは、白、黒、茶色、オレンジの様々な色合いを使用していることです。 使われているレザー素材がカラフルで独特の風合いを醸し出しており、全体的にニュートラルな雰囲気の中で、人目を引くことなく様々な装いに合わせていただけます。

このバッグは現在、バレンシアガのオフラインストアと一部のオンラインEコマースプラットフォームで販売されており、ブランドのウェブサイトで見ることができます。

フラグメントデザイン×芙蓉屋×メディコム・トイが贈る新コラボ人形

おもちゃの共同経営者であるメディコム・トイとおやつマニアのフユイファミリーがこのほど再びタッグを組み、以前にも完売したPEKOの共同ブランドシリーズに新たに5体の人形が登場しました。

メディコム・トイのコレクターにとって、今回の新作は確かに朗報です。 前シリーズのシングルドールと比較して、今回発売された5つの新商品は、Buijia Milk Girl PEKOの異なる衣装で新たな楽しさを発掘しました。 このうち3体はMEDICOM TOYの定番の熊耳をつけていて、そのうちの1体には毛皮の茶色い熊のコートを着たPEKOもいて、とってもキュートです。

残りの2体のお人形は、これからの桜の季節によく合うようにスタイリングされています。 うさぎ人形では、PEKOの全身にブルーとピンクのハートが描かれ、足にはキャンディ柄が描かれており、甘い仲間意識を感じさせてくれます。 ピンクのドールでは、桜色のキャミソールに着替えただけでなく、髪の毛にガーリーなリボンを挿して賑やかにしたpekoさん。

<< 手の除菌剤ディオールの生産後、マスク、パリ、プラダ、グッチ...... ...と、これらのビッグブランドは、流行病と戦うために 職業を変更 の生産に切り替えました

>> フランスの高級大富豪ピノは、流行病と戦うために給料の一部を手放した。