JPY

離婚率が上昇する中、高級ジュエリーブランドが婚礼市場で熱いビジネスを展開する方法
2020-04-16

かつては高級ジュエリーは求婚者の必需品でしたが、今ではブルガリやデビアスのようなビッグネームが「包囲網」の向こう側にいる人々をターゲットにしています。

日本国内最高級スーパーコピーブランド販売店
イギリス・ロンドン - 中国の結婚件数が4.6%減の11年ぶりの低水準になったという公式データを受けて、#Why Don't You Get Marriedというトピックが新浪微博の検索にもヒットしています。

"家が買えない、子供を育てる余裕がない、結婚する余裕がない "と書き込んだユーザー「ブナは小豆」。 "996の恋の自由はどこにある?" 別のユーザー「Neppuccino」は修辞的な質問をした。 ネプチーノのような女性ネチズンの多くは、中国の多くの企業で実践されている週9日から週6日の勤務形態にも言及していた。 この話題では、結婚を応援するメッセージはほとんどありませんでした。

しかし、結婚しないことを選ぶ若者にしても、離婚を決意する既婚者にしても、結婚観や恋愛観が問われるのは中国だけではありません。 多くの国際的な消費市場では、結婚に踏み切って結婚生活を送る人が少なくなっており、一部の高級ブランドにとっては大きな意味を持つ現象となっています。

ウェディングドレス以外では、ファッション業界の中でブティックジュエリー業界ほど結婚式に密接に関連した分野はありません。 ユーロモニターは、ジュエリー業界が2020年までに416億ドルに達し、2019年比4.8%増となると予測しており、ブルガリのジャン・クリストフ・ババンCEOは「結婚は、常に象徴性に満ちた贈り物を贈るイベントを伴うエキサイティングなお祝いの形である」と述べています。 その伝統は1500年も続いています。"

確かに、結納を喜んでいるカップルはまだまだ多いです(そして、今まで以上に結婚式にお金をかけています)。 しかし、結婚を先延ばしにしたり、独身に固執する人が増えるにつれ、以前は無視されていた消費者層(離婚した人や独身の人など)をターゲットにして、成功への道を見つけ始めている企業もあります。

ただの「二人」です。

アメリカやフィンランドなどの国では、結婚の減少や離婚の非汚名化が進んでいますが、後者の方が多くのブランドオーナーが思っている以上に利益を生み出しているかもしれません。

ティファニーのCEOであるアレッサンドロ・ボグリオロは、以前、BoFのインタビューで "結婚はまだ大きなビジネスである "と語っていました。 しかし、結婚式の数が少ないということは、結婚指輪の数も少ないということです。 2018年度、米国のジュエラーはエンゲージメントラインだけで12億ドル近くの売上を上げ、純売上44億ドルのうち26%を占めた。 しかし、その数字は2017年の27%、前年の30%から減少しており、ティファニーはBoFのコメント依頼を断っています。

ブルガリのバビンは、"20年前よりも今の方が結婚する人は少なく、ウェディング市場はジュエリー業界の中で最も急成長しているセグメントではない "と述べています。 しかし、彼はまた、離婚と再婚の普及の増加は、その損失の一部を相殺すると指摘しています: "それは前の世代からの大きな変化です。 彼は、この変化が高級宝飾品業界のウェディング部門の衰退を救うと考えている。

ブルガリは、婚約指輪やブライダルジュエリーを購入する消費者の平均年齢が上昇していることを明らかにした。 ブランドは、これは若者の間で結婚の一般的な遅延に起因し、"第二または第三の結婚 "の出現、バビンは言った:"人生の最初の段階での結婚の数の減少は、順番に新しい結婚につながる離婚の数の増加によって補償されています。"

英国の新婚夫婦の40%が再婚や再婚をしていると推定されています。 そして、アメリカでは55歳以上の再婚率が上昇しています。 日本の厚生省によると、2015年には日本の結婚の4分の1以上がバツイチになると言われており、ブルガリは25~35歳に加えて45~55歳をターゲット客層に設定している。

結婚年齢が上がったばかりだが、アジアや南の国々の離婚率が米国や西欧に近づくにつれ、新たなトレンドが主流になるとみられ、ブランド商人はこの現象に注意を払うべきだとバビン氏は指摘する。"それはゆっくりと継続的な変化であり、(現在は)東や南よりも西や北の方が早く動いている。 あと10年もすれば、真の世界的な革命になるでしょう。"

ウェディングドレスに「ノー」と言ってください。

婚姻率の低下は少子化と人口減少に伴うもので、労働力人口の減少につながり、国内消費にも影響を与え、すでに減速している経済を苦しめることになります。 しかし、高級ジュエリーブランドにとって、一人の消費者は商人にとっての恩恵であり、障害ではないのかもしれません。

50年前、高級宝飾品市場は、妻やガールフレンドにプレゼントを贈る男性が中心だったとバビンは振り返る。 男性はまだ彼らのパートナーのための宝石類を買っているが、より多くの女性はまた自分自身のための宝石類を買っている。

"イタリアのジュエリーブランド、レポッシのクリエイティブ&アーティスティックディレクターであるガイア・レポッシは、「(50~60年代生まれの)エレガントな女性たちは、自分の欲しいものを知っていて、明確なスタイルを持っていました」と言いますが、"彼女たちは折衷的な人々でした"

女性の経済的自立はその役割を果たしており、それが世界的に打撃を与えている。 日本では、結婚を辞めて自分のビジネスを展開する女性が増えています。 そして、結婚への抵抗の流れの中でも、交際や結婚に反対する韓国のフェミニストは、より極端な例です。

ノースウェスタン大学の社会心理学の教授であるイーライ・J・フィンケル氏は、"今日の文化は、個人的な成果や自己表現にますます傾いている "と述べています。 また、世界的に見ても、経済状況の改善に伴って婚姻率や出生率が低下していると指摘した。

10年前は、イベントの招待客の80%がカップルだったが、今では招待状の半分を一人で買い物をする人に送るようになった。

昨年、世界最大のダイヤモンドメーカーであるデビアスは、結婚祝いとしてジュエリーの「半分以上」を販売していたが、その変化に目をつけた。 CEOのフランソワ・デラージュ氏はBoFに対し、"自分の功績を称え、記念にジュエリーを購入する女性が増えていることが分かってきた "と語っています。

デラージュ社によると、同社はより大胆なデザインを開発する一方で、自分でジュエリーを購入する消費者のニーズに応えるために、汎用性の高い「終日、オールマイティ」なジュエリーを発表しているという。 興味深いことに、デビアスは報告書の中で、結婚という伝統の進化の結果の一つとして、同棲している未婚者が贈るジュエリー・ダイヤモンドの数が増加していることを指摘しています。

小売店も一役買っています。 ブラウンズのオンラインおよび店舗でのジュエリー売上の約7割は、自分のために購入する女性が占めており、ブラウンズのブティックジュエリー事業は4年連続で3桁の成長を遂げています。

"自分へのプレゼントを買うのは明らかに流行しています "と、ロンドンの小売店でレディースウェアのバイイング担当ディレクターを務めるIda PeterssonはBoFに語っています。

しかし、自分のためにジュエリーを購入しているのは女性だけではありません。 自分で購入したギフトのトレンドを利用しようとしているブランドや小売業者は、男性消費者も無視してはいけません。 Brownsは昨年からウィメンズブランドを展開していますが、ジュエリービジネスの売上の35%は男性の顧客が占めています。ピーターソンは、MAD Parisや777などのメンズウェアブランドが、この層に適したオーダーメイドの作品を数多く発表していることを指摘しています。

レポジによると、ブランドは新しいコレクションやスタイルを商品に取り入れることを検討するだけでなく、ポジショニングを調整し、自分のためにギフトを購入する消費者を惹きつけるための幅広い戦略を展開すべきだという。 モダンなデザインは、製品全体が機能するように、全体のブランドイメージにマッチしている必要があります。

<< ブルガリ、アルコールジェルを発売 エスティローダー、ニューヨークにハンドサニタイザーの施設を開設

>> ブルガリ スネークバッグ エイジリダクションサクセス ライトブルー ピーチオレンジ スーパースウィート