JPY

ミステリアスでラグジュアリーなブルガリ サーペンタイン ジュエリーウォッチ
2020-04-16

1940年代初頭、ジュエリーブランド「ブルガリ」は時計の世界に参入し、時計の形を変えながら、最終的にはギリシャ神話の記念碑的シンボルである蛇をデザインの特徴に選びました。

日本国内最高級スーパーコピーブランド販売店
BVLGARI(ブルガリ)は、ゴールドのサーペンタインとダイヤモンドがセットされた腕時計を初めて発売し、販売面でも口コミでも成功を収めました。 その後、この象徴的な要素を拡大し、スケール、宝石の装飾、カラーエナメルのサーペンタインモデルを発表しました。

画像/BVLGARI公式サイトのスクリーンショット

2009年、創業125周年を記念して、BVLGARIは18Kホワイトゴールド製のサーペンタイン・ジュエリーウォッチ「SERPENTI(サーペンティ)」の特別モデルを発表し、ブレスレットには目盛りが付いており、ベゼルと針には458個のホワイトダイヤモンド、文字盤にはホワイトマザーオブパールを使用しています。 クラシックなデザインを維持しつつ、モダンアートを取り入れ、ゴージャスな外観の下には、惑わされるような神秘性を感じさせる時計です。

<< ブルガリがハンドサニタイザーに切り替えた経緯:1ヶ月で開発された処方で、既存の製品のボトルが満たされる

>> BVLGARI CINEMAGIAのトップジュエリー展示会では、映画の魔法を紹介しています。