JPY

何のためのロレックスなんだ? チューダーオールブラックベイっていい匂いしませんか?
2020-04-18

前回は「ブラーケンのロレックスとは? 記事では、ブラーケンの好きなロレックスの改造方法の一つに黒メッキがあることに触れています。 実際、ブラケンに限らず、多くのチューニングハウスは、黒くすることがクールで十分に個性的であるという単純な理由でロレックスを黒くするのが好きで、ロレックス公式にはモデルを黒くすることはありません。 しかし、改造ロレックスは高価なだけでなく、正規のロレックスのアフターマーケットの対象外になっていることも知っています。 対して、「リトルロレックス」として知られるチューダーは、安価であることに加えて、オールブラックが公式に用意されています。 ロレックスが増えたのか? チューダーオールブラックベイっていい匂いしませんか?
日本国内最高級スーパーコピーブランド販売店
トゥドールベイ クロノグラフ ブラックスティール、価格は5650ユーロ

レトロフィットされたロレックス214270は€9900のための時計

以上のことからもわかるように、シンプルなオールブラックのロレックス214270(ブラックプローブI)は、ブラックスチールのTUDOR公式ビワンクロノグラフ2本分の価格で購入することができますし、TUDORはすでにロレックスよりもかなり安くなっていますが、今回のケースの改造の価格は侮れません。 ロレックス「ブラックタン」の正規価格は50,800元、「チューダーベイ・クロノグラフ・スチールウォッチ(モデルM79350-0004)」の正規価格は41,600元。

TUDORがオールブラックスタイルのスポーツウォッチを発表したのは初めてではありませんが、プライベートではその頂点に立つのはブラックスティールの「TUDOR Bevan Chronograph」です。2019年、TUDORはスレートグレーのブロンズの「Bevan」や話題の「Bevan P01」とともに、ゴールドスティールの様々なモデルを発表しています。

2019年のラグビーワールドカップとニュージーランド代表ラグビーチームとのパートナーシップを記念したTUDORのスペシャルプレゼンテーションで、チームの象徴的なジャージカラーにインスパイアされたオールブラックのカラーウェイを採用しています。 チューダーウォッチとしては珍しい限定モデルです。 TUDORもロレックスと同じく公式で明示的な限定モデルがありますが、このブラックスティールのTUDOR Biwan Chronographはただの限定モデルではなく、面白いほどの数の限定モデルとなっています。 その数字は、1884年の発足以来、ニュージーランド代表ラグビーチームが選抜した選手の数と一致しており、2019年ラグビーワールドカップの時点で1,181本の時計が発行されていることから、1,181人の選手に対応しています。 今後もチームの今後のラインナップに合わせてリリース数を調整していき、新選手の追加に合わせてリリース数を増やしていきます。

時計自体はラグビーチームの結果ですが、オールブラックの配色はTUDOR Biwan Chronographとの相性が良いというほどで、単なる感傷以上に、クールでスタイリッシュで人とは違った価値のある時計だと思います。 ロレックスのオールブラックコンバージョンがいいけど、手が出ないという方には、非常にコストパフォーマンスの高いコンバージョンです。

テューダー ベインズ クロノグラフ ブラックスティールモデルは、マット仕上げの特徴的なサテン仕上げのスチール製で、メッキ工程で環境に有害な汚染物質を発生させず、太陽光の影響を受けずに時間が経っても完成品の色を維持し、メッキされたボディの耐食性を強化するという利点がありますが、PVDケースに傷がついたり、非常に硬いものに当たったりすると、下の金属ボディが露出してしまう可能性があります。 技術が確立されており、特殊な状況を除いてベゼルにも広く採用されているため、特に色落ちの心配はありません。



他のチューダー・ビワン・クロノグラフと同様に、このブラックスチール製モデルも直径41mm、マットブラックPVDスチール固定ベゼルにマットブラックアルマイト加工のアルミタキメーターベゼル、6時位置に日付表示窓を備えています。 時針、分針、ドットアワーマーカー(12時位置の三角アワーマーカーを含む)には夜光塗料が塗布されており、暗闇でも基本的な時間情報を読み取ることができます。 時計は200m防水です。





ムーブメントには、コラムホイールと縦型クロノグラフクラッチ、70時間パワーリザーブ、COSC認定の高性能を誇るオリジナルキャリバー「TUDOR MT5813」も健在です。 多くのチューダーウォッチと同様に、時計のデザインは裏蓋が封印されており、ケースバックには時計番号が特別に刻印されており、それぞれの時計に記念碑的な意味を与えています。



3つのストラップ(スチール、ベルト、布製)を備えた他の多くのTUDOR BEVANウォッチとは異なり、このTUDOR BEVAN クロノグラフ ブラックスチールモデル(モデルM79360DK-0001)は、マットブラックPVDスチールストラップ1本のみでご利用いただけます。 ケースもストラップもラグも全部黒で、他のストラップに変えたらどんな感じになるのか想像がつかないので、とてもセンスがいいと思います。 黒のベルトや布製のストラップに変えても、黒のスチール製のストラップよりはちょっと面白くないかな。



実際、以前の「TUDOR BEVAN クロノグラフ」と比較すると、このブラックスティールの「TUDOR BEVAN クロノグラフ」は、ラグビーのオールブラックチームの情緒が感じられる限定モデルとなっていますが、唯一のハイライトは、オールブラックのデザインが格段に見栄えが良くなっていることです。 でも「見栄えがいい」で十分なんだけど、ロレックスを改造して見栄えを良くするために大金を払っている人はいないのかな?

<< 綺麗で女性らしいユニセックスな腕時計ですね!

>> LVMHの「ブルガリ」ブランドがTmallに登場