JPY

ロレックス:テンセントよりもロレックスを買った方が良いのか? 第二版
2020-04-18

新たな冠動脈性肺炎の流行が続く中、時計大手のロレックスは3月17日から27日までの10日間、スイスの全時計メーカーの休業を発表した。 理論的には操業停止ということは生産量が減り、ロレックスの時計はいつでも高価になる可能性があるということです。 ロレックス「時計王」デイトナと香港「株王」テンセント(00700)とどちらが投資可能性が高いのか?
日本国内最高級スーパーコピーブランド販売店
公定売価は最低でも年に1回、5%~6%の上昇で調整されます。 例えば、「パンダ」の愛称で親しまれているロレックス コスモグラフ デイトナ 116500LNの公式価格は、2019年の9万6700ドルから2020年には10万2400ドルへと5.9%上昇しており、多くの銘柄で暴走しています。

 ロレックス コスモグラフ デイトナ 116500LN 正規価格 ¥102,400。
▲ ロレックス コスモグラフ デイトナ 116500LN 正規価格 ¥102,400。
実際に購入者が公式価格で購入することは難しく、投機的な価格でしか始められないことを知っておくことが大切です。 クロノ24の取引サイトを参考にすると、ロレックス コスモグラフ デイトナ116500LNの中古価格は17万~21万となっており、公定価格よりも6割以上高くなっています。

 クロノ24の取引サイトを参考にすると、ロレックス コスモグラフ デイトナ 116500LNは17万ドル~21万ドルで使用されています。
クロノ24の取引サイトを参考にすると、ロレックス コスモグラフ デイトナ 116500LNを17万円~21万円で使用しています。
新興経済株の筆頭格であるブルーチップキングのテンセント(00700)と比較しても、テンセントの株価は高成長サイクルに入っていれば自然と同じくらいの勢いで上昇していきます。 テンセントの株価は2017年に1.14倍を積み上げ、189ドル台から406ドル台まで上昇し、2019年には19.6%まで上昇しています。

しかし、相場が下降した場合には、回収のリスクがあります。 例えば、2018年のテンセントの株価は通年で22.7%下落し、世界的な新型肺炎の流行で世界的な株式市場が暴落し、香港株も最近ではテクニカルな弱気相場に突入しています。 テンセントの株価は序盤、420ドル安の後、325.2ドルまで下落し、株価は100ドル近い20%安となった。 テンセントの株価はここ数日で急反発しているにもかかわらず、木曜日(3月26日)の終値381.8ドルで今年のここまで1.65%の上昇を記録しています。

騰落」のロレックスは、一部の投資家にとっては「騰落」のテンセントよりも魅力的かもしれません。

<< もうすぐ「パックは難しい」? シャネル、エルメスなどの高級大手が相次いで工場を閉鎖

>> ロレックススイスシャットダウン10日中古腕時計ネットカルディア特別価格