JPY

リベンジ購入」-エルメスの店舗は1日に1168万人を稼いでいる
2020-04-19

北京15日)世界は2019年のコロナウイルスの流行に見舞われ、経済は大打撃を受け、国際的なブティックも打撃を受けたが、先週土曜日(11日)、中国広州市太古匯のエルメス(Hermès)のブティックでは大量の買い付けが行われ、1日の売上高が270万ドル(約1168万RM)を記録したと噂されている。
日本国内最高級スーパーコピーブランド販売店
この購買狂に対応する方法として「リベンジ買い」が報告されており、スーパーVIPは流行りの禁輸措置に飽きてどうせ出国できず、鬱憤を晴らすために乱買いしかできないのではないかと分析しています。 フランスによると、アメリカのファッション雑誌 "女性の日刊誌"(WWD)は、エルメスはこの驚くべき1日のターンオーバーを確認していないが、オンラインショッピングやソーシャルネットワーキングプラットフォーム "リトルレッドブック "でいくつかのネチズンが戦いの結果を共有することを報告したが、そのうちの1つは、20の新しい服の袋を言った、誰かがワニ皮の金のバッグを奪ったと新しい春と夏の服を買った500万元(約RM307万)を費やした、手が柔らかくなかった。 しかし、外国メディアは、中国市場 "復讐買い "に頼っていることを信じて、まだファッション業界を救うことはできませんが、唯一の工場の生産ラインとブランドの操作が通常のトラックに戻っているように、緩和するために、世界的な流行を待つことができます。

大規模な冠動脈疾患の発生から1ヶ月足らずで、ほぼすべての高級ブランドが2020年の売上高予想を引き下げており、1~2番手の国際ブランドのほとんどが、売上規模にもよるが、2020年の売上高は少なくとも1億米ドル(約4億3,300万RM)の減少を予想している。

<< 広州のエルメスがリニューアルオープン当日に1900万台を売り上げ、高級消費は反発?

>> LVエルメスが交通事故、高級ブランドの生き方は? 豪華な電子商取引のシェア1が答えを出す