JPY

広州のエルメスがリニューアルオープン当日に1900万台を売り上げ、高級消費は反発?
2020-04-19

これは、中国でのエルメスの単店売上高の中でも最も高いものの一つとされています。
日本国内最高級スーパーコピーブランド販売店
画像クレジット:エスクァイア 画像クレジット:エスクァイア
  新しいコロナウイルス肺炎で、かつては高級ショッピングの定番だった多くの消費者が、2020年の最初の数ヶ月を自宅で過ごさなければならなくなりました。 しかし、中国での流行が鈍化し、日常生活に戻りつつある中で、何ヶ月も我慢していたお金を使いたいという欲求が爆発的に高まっています。

  Women's Wear Dailyによると、4月11日にリニューアルオープンした広州の高級ショッピングモール「TaiKoo Hui(タイクーホイ)」のエルメス旗艦店の売上高が270万ドル(約1,921万1,500元)を突破し、中国のエルメスの単店売上高としては最高水準とみられているという。

  小さな赤い本などのソーシャルメディアでは、多くの消費者がテキストと写真でにぎやかな消費シーンの開幕日を記録し、タイトルのように「一度は小さな100万を買った」「新しい服を20着買った」などと似たような姿を見せた。


  広州に唯一残っているエルメスの旗艦店である太古匯エルメスは、現在2階建てで約5,800平方メートルを占めています。 ファッションメディア「Tatler」によると、プラチナにダイヤモンドをあしらった希少なエルメスのヒマラヤバッグも同店で販売されているという。 2004年にオープンした広州市越秀区のエルメス1号店であった前身の「リッパープラザ」は、このほど賃貸期間満了に伴い閉店した。

  リッパープラザのエルメス店の閉鎖は、経営状況についての憶測を呼んでいるが、リッパープラザのスタッフは第一商業ネットワークの記者に、流行期にもかかわらず、モールの重要な顧客はまだ大量の支出を貢献し、ブランドの販売実績のほとんどは良好であると語った。


  エルメスの店舗での消費者の熱気の高さは、発生後の中国高級品市場の復活に明るい兆しを見せているが、決して孤立した事例ではない。 早ければ2月21日、杭州高級ショッピングセンター杭州ビルは、店の支出が1100万元を超えた日に再オープンし、わずか5時間で午前10時から午後10時までの12時間営業で、昨年の同時期を超えることができます。

  3月30日、武漢国際ショッピングセンターのプラダ店やバーバリー店など、武漢市内の多くのショッピングモールが顧客を迎えるためにリニューアルオープンした。 フランスの高級ブランド「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」は10日、武漢の全店舗での作業再開を発表するため、武漢夕刊紙の1面を購入した。


  しかし、中国を超えて、世界の高級品市場が直面している課題は、依然として手ごわいものである。

  ベインコンサルティングが最近発表したレポートによると、世界の高級品市場の第1四半期の売上高は前年同期比で25%から30%減少するという。 2020年の市場全体の売上高は、中シナリオの条件では22%から25%に縮小する。



  BCGが発表した2020年のファッション・ラグジュアリー業界の動向に関する調査レポートによると、世界的なファッションを背景に業界は依然として不確実性が高く、短期的には危機以前の収益目標を達成することは困難であるとしている。 2020年には世界のファッション・高級品の売上高は前年比25~35%減少すると予測されている。

  しかし、積極的な勝利戦略、迅速な行動、デジタルオペレーションの革新があれば、企業はブランドを守り、損失を減らし、新たな成長の機会を得ることができます。

<< エルメス広州店は1日で270万ドル!?

>> リベンジ購入」-エルメスの店舗は1日に1168万人を稼いでいる