JPY

エルメス広州店は1日で270万ドル!?
2020-04-19

最近、本土は徐々に仕事を再開し、国際的なブティックも徐々に再開し、"復讐スタイルの購入 "の到来を告げる、外国メディア "女性日報" "WWD "によると、エルメス(Hermès)11日の日照時間は広州太閤店で、一日で270万ドルの売上高記録を設定することを報告した、スーパーVIPは本当に新しい王冠肺炎の流行のために退屈していることを示して、これは海外に行くのに良い時間ではない、心の中でうつ病を緩和するためにクレイジーを購入する本土に滞在する。
日本国内最高級スーパーコピーブランド販売店
新店舗は以前に比べて賃貸面積が84%増えており、2フロアに分かれています。 グローバルブティックを担当するパリの建築事務所RDAIが設計し、全体の改装は、上海のエルメスハウスに次ぐ国内第2位の規模を誇る広州の店舗で、地域性を持ったものになっています。

エルメスはこの驚くべき一日の回転率を確認していないが、VIPたちは小さな赤い本の上で戦利品を共有して喜んでいた、ある者は20着の新しい服を包み、ある者はクロコダイルの皮の金のバッグを奪い、新しい春夏の服を500万元で躊躇なく購入した。 しかし、外国のメディアは、本土市場だけで "復讐スタイルの購入 "は、まだファッション業界を保存することはできませんが、唯一の工場の生産ラインやブランドの操作が正常なトラックに戻っているように、減速するために世界的な流行を待つことができると信じています。

注目すべきは、少し前の4月3日に広州のリッパートン広場にあったエルメスの店舗が閉店したことだ。

モールの情報筋によると、2日の夕方まで、つまり3日からは店の営業が終了していたという。 と述べ、リース期間が満了していることが理由であり、業績とは関係がないと述べた。

新冠の大発生から1ヶ月足らずで、ほぼすべての高級ブランドが2020年の売上高予想を引き下げており、ほとんどの第1位と第2位の国際ブランドは、売上規模にもよりますが、2020年の売上高は少なくとも1億ドルは下がると予想しています。

LVMHのボスは、発生中に2000億元を失った。 LV、ディオール、フェンディ、ゲラン、ヘネシーなどがその傘下にある有名ブランドです。

LVMHの株価は1月17日、約1165億ドルの価値を持つアルノーがかつて世界一の富豪の座を占めた2020年以降、1株あたり439ユーロ前後でピークを迎えた。

ブランドマーケティング予算の凍結により、「VOGUE」「Vanity Fair」「GQ」などのファッション誌を所有するコムテック・ナシス・グループが、年収300万元以上の従業員の10%から20%の減給を発表したことで、生計を広告に頼っているメディア業界は大きな苦境に立たされている。

<< 無敗のヴィンテージスニーカー「グッチテニス」1977年、グッチの新企画

>> 広州のエルメスがリニューアルオープン当日に1900万台を売り上げ、高級消費は反発?