JPY

エルメスがグラスゴーのデジタルメディア地区フィニエストンのスカイパークを買収
2020-04-21

編集者は、多くの人がグラスゴーのFinnieston Digital Media DistrictにあるSkyparkのエルメス買収に関する情報に興味を持っていることがわかり、編集者は、グラスゴーのFinnieston Digital Media DistrictにあるSkyparkのエルメス買収に関する情報をいくつかまとめました。

エルメス・インベストメント・マネジメントは、グラスゴーのフィニエストン・デジタル・メディア・クォーター(DMQ)にあるスカイパークを買収した。
日本国内最高級スーパーコピーブランド販売店
スカイパークは、6つのオフィスビルと3つの開発用地からなるランドマーク的なキャンパスで、4,000人以上の従業員が働いています。 スカイパーク1~6として知られる6つのオフィスビルには、508,144平方フィートのオフィススペース、8,573平方フィートの小売スペース、21,530平方フィートの倉庫と二次住宅が含まれています。 現在、リースの70%がCapita、V Group、DC Thomson、Axis、Fleet Alliance、Hub West Scotland、Herbert EngineeringCorpを含む12社のテナントに貸し出されています。

サービス付きのオフィススペースや会議施設の範囲に加えて、物理的なサービスは処方箋のピックアップと敷地内のATMが含まれていますが、スカイパークには695台の駐車場、敷地内のカフェ、受賞歴のある四季の保育園があります。

私たちの長期投資戦略は、インフラや公共施設の改善から恩恵を受けるエリアと、アクティブな管理が可能な建物に焦点を当てています。スカイパークは、再調達コストを大幅に下回る魅力的な高収入のリターン資産であり、私たちの受益者に付加価値と持続可能な長期的な金銭的リターンを提供する会場制作の経験とプログラムを管理し、提示する機会を与えてくれます。

Resonance Capital は Hermes Investment Management を代表し、Jones Lang LaSalle は売主にアドバイスしました。

<< エルメスの窓の神は、新たな王冠の感染症で92歳で亡くなった。

>> ガガ、サスペンス映画「グッチ」の主演に期待 2021年に北米公開へ