JPY

プラダ、最終配当金の支払いを撤回
2020-04-28

プラダ(1913年、プラダ)は昨日、世界的な経済状況の大きな変化、肺炎の大流行、イタリア政府による最新の都市閉鎖のため、同社は先月の取締役会で1株当たり0.02ユーロの最終配当金を支払うという提案を撤回し、同社の財務力を支えるために、将来の経済的・財務的な影響があれば、特別積立金として配分し、経済が回復した場合の投資のための資源を確保することを決議したとする回覧板を発行した。

<< JPMorgan: プラダ(1913.HK)の目標株価を28香港ドルに引き下げ、「ホールド」にレーティング

>> 中国の大物ママの出費が復活、プラダの回復が早い