JPY

カルティエ、ヴァン クリーフ&アーペル、ピアジェ、ヴァシュロン・コンスタンタンなどがフェアに参加します。
2020-04-30

4月16日、中国国際輸入博覧会局副局長で国家会議展覧センター(上海)会長の孫承海氏とスイスのリシュモングループ社長のロン・ボジェ氏は、ネットワークの協力を得て調印を完了した。 また、世界有数のブティック型産業グループであるリシュモンが同フェアに参加するのは今回が初めてとなります。

  2020年には、中国とスイスの国交樹立70周年、今年1月には、王Bingnan商務副大臣は、リシュモングループの本社を訪問中に、仕事を促進するために、フェアの第3セッションを実施するためにスイスへの代表団を率いて、Longbojieと会って、暖かい招待状を発行しました。

  昨年のスイス万博に重要な国として、59社の企業が出展し、企業の数と展示面積はヨーロッパのトップの間である。 今年は、SGS、ネスレ、ルイ・ダッフィーをはじめとするスイスの大手企業が、第3回目のフェアに参加するために署名しました。

  リシュモングループには、カルティエ、ヴァン クリーフ&アーペル、ピアジェ、ヴァシュロン・コンスタンタン、モンブランなど、中国の消費者に知られているブランドが数多く含まれており、これらのブランドは合わせて2,300年以上の歴史を持っています。 リシュモングループは500平方メートル以上のネット展示面積を持ち、「職人の技と革新」をテーマに、ジュエリー、時計、筆記具、ファッションアクセサリーの4つのセクションを計画し、合計13ブランドが登場した。

  "長年にわたり、中国はリシュモンにとって最も重要な市場の一つです" ロングBojieは、中国は消費のアップグレードの高速レーンにある、市場の見通しが広いですが、"疫病は、フェアとその後の戦略的協力の第三セッションに参加するために署名して、中国の経済回復におけるリシュモンの完全な自信を変更することはありませんが、この自信の最高の証拠です。"

  第3回目の展示会契約の調印に加えて、より大きな目玉となるのは、フェア出展者史上初の戦略的協力覚書を締結したことである。 主な内容は、万博への継続参加、各種関連展示会の紹介、虹橋国際経済フォーラムへの参加など。 つまり、単に出展するだけではなく、万博と出展者との連携のあり方が多様化しているということです。

  これまでに、準備作業の第三セッションは、政府や企業が積極的に対応するために、フルスイングでされている、計画された領域の60%の展示面積を署名している、1,000以上の企業のためにサインアップしました。 今回初参加の新規出展企業の中には、リシュモングループをはじめとするフォーチュン500企業や業界をリードする企業が多数含まれています。 また、第一に出展しているいくつかの企業があり、第二に出展していない、今年は戻って傾向を降圧することを選択します。 3連契約を基本とした「旧友」が多く、展示エリアは年々拡大しています。 フェア6つの展示エリアの出展者の3つのタイプが配布され、彼らは主に米国、日本、ドイツ、イタリア、スイス、スペイン、その他の国から、そのうちの米国はまだ主な力である。

<< 年に一度のショーが目前に迫っています。

>> カルティエの親会社であるリシュモングループをはじめ、フォーチュン500社の数十社が第3回フェアへの参加を決定