JPY

サッシャアラートが5億~6億香港ドルの巨額損失!?
2020-05-20

香港の高級ブランドが稀に「値下げ」プロモーションを実施

サッシャアラートが5億~6億香港ドルの巨額損失!?

これまでずっと、香港の小売業は、香港を訪れる本土からの観光客に大きく依存してきました。 しかし、昨年後半の香港での社会紛争以降、本土からの観光客が激減し、香港の小売業への影響はすぐに出ている。

謝秋安義氏は、これまでめったに値下げをしなかった国際ブランドも、偽装して別の戦術で値下げをせざるを得なくなったことを明らかにし、国民の消費力が戻るまで、小売店による「価格分割」はしばらく続くと予想される。 しかし、社会的な動きが香港の小売業に影響を与えていることは変わらず、「閉鎖的」な出入国規制が解除されても、短期的には流行前の水準に戻ることは難しく、早くても年内にはわずかに状況が改善する程度にとどまると予想されると率直に語った。

21世紀の経済記者によると、香港DFSモールは最近、グッチ、バーバリー、セリーヌ、ロエベ、YSLや他の高級ブランドがプロモーションに参加するなど、かなりの割引プロモーションを開始したことを理解し、ほとんどのブランドも50%オフであることを理解し、いくつかの人気のスタイルもプロモーションに参加しています。

それとは対照的に、かつては香港のモールカウンターでこれらの高級ブランドがこれほど大きくディスカウントされることはほとんどなく、ディスカウントされていたとしても、大抵はスタイルが崩れた数種類のスタイルに過ぎなかった。

また、香港の化粧品小売店ササ(00178)は5日、利益警告を発表し、今年3月期に5億香港ドルから6億香港ドルの赤字を計上する見通しとなった。

使用権資産の減損損失引当金繰入額及び当四半期に計上した有形固定資産の減損損失を除くと、営業活動による損失は260百万香港ドルから300百万香港ドルとなりました。 それに比べて、サルサは昨年の同時期に4億7000万ドルの利益を計上している。

写真/タートルワーム。

去年は50万だったのに今年は219しかない!? 香港は観光 "ゴールデンウィーク "を失う

かつては、毎年「メーデー」のゴールデンウィークには、本土からの観光客が香港の街頭で見かけることもありましたが、今では「メーデー」と呼ばれるゴールデンウィークには、本土からの観光客の姿も見られます。 しかし、「閉鎖」措置の影響を受け、今年の香港の主要観光地である銅鑼湾、旺角、尖沙咀などは異常な寒さとなっている。

"昨年のゴールデンウィークは1日平均20件以上のツアーがあり、食事をする時間がないほどの忙しさでした。 今年の初めから今まで、私は少数のカジュアルな顧客を受け取っただけで、会社全体の従業員は、無給休暇であり、いくつかの同僚が仕事を終えて満たすために持ち帰りを提供するために変更されている "黄氏は、無力に21世紀の経済記者に香港の旅行ガイドは言った。

香港の蘭果峰エリア。 新華社通信の李剛記者

香港入国管理局が発表したデータによると、今年の5月1日のゴールデンウィークの最初の2日間に香港に出入りした人の数は、5月1日と2日の合計で2600人を超えた。

香港在住者は本土からの訪問者数の9割以上を占め、わずか219人だった。

それに比べて、昨年5月1日には106万人以上の香港発着の旅客旅行があり、そのうち50万人近くが本土からの旅行であった。

この点について、香港観光局連合会労働組合連合会のレオン・フォンユエン会長は最近、香港の観光産業は「冬」から「氷河期」へと突入したと述べた。

HKTBのパン・ユウカイ会長は、流行が収まった後も、2003年のSARSの後のように香港の観光客の到着が早く回復することは不可能であるため、HKTBは流行直後の香港の観光産業を復活させるための計画を準備していると述べた。

香港のGDP、第1四半期は8.9%減、単四半期としては過去最大の落ち込み

香港特別行政区の国勢調査統計局は5月4日、事前の推計によると、2020年第1四半期の国内総生産は前年同期比で実質8.9%減となり、統計期間が記録された1974年第1四半期以降では最大の1四半期減となったと発表した。

季節調整済みの四半期比較では、第1四半期の実質GDPの落ち込みは5.3%と大幅に拡大し、過去最大の落ち込みとなりました。

香港の失業率は4.2%とほぼ9年ぶりの高水準にあり、改善があっても今後の景気は鈍化すると香港財務長官のポール・チャン氏は述べ、流行病に対抗するために領土全体の結束を呼びかけた。 流行が収まれば下半期には景気が底をつくと試算した。

データによると、第1四半期の香港の民間消費支出は前年同期比10.2%減で前四半期比7.3ポイント増、政府消費支出は8.3%増に拡大、財の輸出総額は9.7%減で前四半期比7.2ポイント増、サービスの輸出は37.8%減で前四半期比13.6ポイント増となった。

香港財務長官ポール・チャンは、香港は1998年にアジア金融危機に見舞われ、GDPの第3四半期は前年同期比8.3%減となったと述べた。 来たる今年第1四半期のGDP成長率見通しについて、社会的暴力や疫病が猛威を振るう中、前年同期比でさらに悪化し、3四半期連続の縮小となることが懸念されることを明らかにした。

同氏は、国際通貨基金(IMF)が2020年までに世界経済が3%の景気後退を予測していることを率直に述べた。 香港経済の3大エンジンである内需、輸出、投資の3つは、当分の間、大きく持ち直すことはなさそうだ。 その結果、SAR政府は今年の経済予測を大幅に下方修正し、最新の予測では4~7%のマイナス成長とし、2月中旬に予測した1.5%~限界的な0.5%の成長を大きく下回った。

"疫病が拡大し、周辺部からの圧力で予測の下限付近で経済が縮小するような状況になれば、我々の経済にとって1960年代以来の記録的な最悪の年になるだろう。" と言っていました。

チャン氏は、飲食店や多くの種類の商業施設の営業制限や「集客秩序の制限」などの措置が5月7日に期限を迎えることを指摘し、流行の緩和に伴い、流行防止策の一部が徐々に緩和されていくことが予想されるとした。

香港SAR政府の広報担当者によると、GDPの減少は主に新型コロナウイルスの世界的な流行によるもので、内需、外需ともに低迷が続いているという。 3月に世界的な大流行に発展したことで、経済への影響はより深刻になった。

今後の見通しとしては、香港の輸出は短期的には大きな圧力にさらされており、短期的な経済見通しは大きな不確実性にさらされている。 香港政府は、反パンデミック基金の下での2ラウンドの措置や2020-2021年予算での大規模な景気対策など、過去最大規模の救済措置を打ち出しており、香港経済と労働市場にある程度のクッションを与えることができるはずだ。

香港の小学校、中学校、幼稚園の授業が27日から段階的に再開される。

伝染病が徐々に制御下にあると、香港SARの最高経営責任者キャリー-ラム-チェン-ユエ-ンゴルは5月5日、香港が適切に社会的な距離措置を緩和すると発表した、小学校と中学校、幼稚園は、段階的に授業を再開します。

5月27日に再開、P.4~P.2は6月8日に再開、K3~P.3は6月15日に再開、K1とK2は今期は再開しません。

5月5日現在、香港では16日間連続して現地での発生はなく、そのうち10日間は確定症例が0件、累積確定症例数は1040件にとどまっている。 その他の症例は散発的で、世界的に見ても感染率は低い。

ラム夫人は5日午後の記者会見で、専門家の意見として、コミュニティの距離対策を少し緩和するのが適切な時期だと述べた。 SAR政府は、1月から4月にかけて新たに16万件のコロナウイルス検査を実施し、検出と感染連鎖の遮断を効果的に強化したと報じられています。

SAR政府は、飲食店に対する制限令を1テーブル4人から8人に緩和したと発表した。 同時に、アミューズメントゲームセンター、フィットネスセンター、映画館を含む遊び場、美容院、マッサージ店、麻雀店の7つのカテゴリーの商業施設が再開された。 しかし、これらの施設の再開には、劇場のチケット販売が全席販売できないことや、美容室の美容師が特定の保護を受けていることなど、具体的な取り決めがあります。

また、これまで閉鎖が義務付けられていたバーや居酒屋も、人数を制限したり、その場で音楽演奏やダンスをしてはいけないなどの厳しいルールのもと、営業を再開することができるようになりました。

ただし、カラオケ、浴室、パーティールーム、ナイトクラブ、ナイトクラブの4つのカテゴリーの施設は、リスクが高いため、閉鎖を継続します。 すべての新しいルールは、5月8日の0000時間に発効します。

"香港の学校は授業を再開する立場にあり、学校は教師と学生が安全な条件の下で学校に戻ることを保証するために一連の予防措置を取ることになります、原則として、半日のクラスは、昼食と一緒にマスクを脱ぐことを避けるために、"教育ヤンユンホンのための香港の秘書は言った。

学内のすべての学生、教職員、訪問者はマスクを着用しなければならず、スクールバスやベビーカー、公共交通機関でもマスクを着用しなければならないと指摘した。 すべての教師と生徒は、家を出る前や学校に到着したときに体温を測ることが義務づけられており、学校では学校に戻ったときに体調が悪い生徒のために隔離場所を用意することが義務づけられています。

楊Yun-hung は再開の整理が数週にわたることを言い、教育局は密接にさまざまな段階の実施を監視する。 また、香港サール政府は、両地の伝染病予防状況下で、国境を越えた2万7000人の学童や関係者が香港と深圳をスムーズに行き来できるようにするために、本土当局と協議を進めていると述べた。

"これらの学生は日常的に2つのゲートウェイを通過する必要があり、SAR政府は、授業再開時にはこれらの学生も学校に戻ってくることを期待して、国境を越えた学生について本土の部門や学校と詳細な協議を行う必要があります。" 夏休みの取り決めを特別に変更する必要はなく、当初の取り決めや児童生徒のニーズに応じて、学校側で適切な調整やアップサイクルを行えばよいとした。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

<< 買い急ぎ! シャネルが値上げへ!多くの店舗で長蛇の列ができています でも次の日は恥ずかしかった。

>> 最高検察コールは、知的財産権を保護するために、四川省の2つのケースは、国家の典型的なとして選択された