JPY

シャネルはバッグ1個7000円アップ!LVは3ヶ月で2回アップ 高級品が一斉に値上がりする中、なぜ今を選ぶのか?
2020-05-23

最近では、シャネルやルイ・ヴィトンなどの高級ブランドが中国で軒並み値上げするというニュースがあり、その大きさは例年の平年を超えている。 なぜこの時期に大規模な値上げをするのか、いくらまでに?


CCTV金融「鄭大京」のコラム動画を見る

記者が上海のショッピングモールに到着すると、平日の午後にもかかわらず、シャネルの店の外にはすでに長蛇の列ができていた。 並んでいた消費者は、シャネルが今年値上げをしたのは初めてではないと記者団に語った。 彼女によると、CF(バッグ型)は半年前に一度だけ買った時に426万元で、昨年のこの時期に388万元で売れたそうです。



記者は、今回のシャネルの値上げは15~20%であることを知った。 5月14日から値上げが終了したが、店外で行列に並ぶ消費者が多いのは、店がまだ値上げを実施していないと勘違いしているからだという。 店員は記者団に「コスト上昇を主因に、全パッケージ商品が値上がりしている」と話した。


記者:CF(パッケージタイプ)はおそらくどれくらい上がったのでしょうか?
上海シャネル店員:約7,000元、それと原材料の革の上昇は、実際には大きな関係を持っている、人工的なも非常に高価になります。



その後、記者はルイ-ヴィトンの店に来て、店員は、現在のルイ-ヴィトンは、ボード全体で約10%の価格を増加させているが、記者が質問したときにルイ-ヴィトン3ヶ月は2倍の価格を行っている、店員は、次の価格はまた、再び行くかもしれないと述べた、と述べた。 年に2回、毎年値上がりしています。 10月末から11月頃にはまた上がるらしいですね。



上海・陸家嘴の記者とのインタビューでは、高級品の相次ぐ値上げについて、ほとんどの消費者は、ブランドの値上げは市場行動であり、理解できるが、そのために支払うことはないと答えた。 消費者の中には「現在は海外での買い物が難しくなっているので、お気に入りのスタイルがあれば値上げを受け入れるしかない」という人も少なからずいました。



レポートによると、世界の高級品市場の規模は、流行の影響で2020年までに20~35%縮小すると予想されています。 ルイ・ヴィトンの親会社であるLVMHグループが発表したデータによると、今年の第1四半期のグループ売上高は105億ユーロで、前年同期比17%減となった。 業界関係者は、高級市場が中国のリバウンドを主導したと考えており、今回の急激な価格上昇は、主に第1四半期の売上高の損失を取り戻すためのものだと考えている。

太平洋証券・繊維・アパレル・小売業チーフアナリストのGUOビン氏:今後の値上げは主にアジア太平洋地域をカバーする。 中国に代表されるアジア太平洋地域全体のオフライン消費回復のリズムが確かに一番早いということで、中国に代表されるアジア太平洋地域全体の流行は比較的良好にコントロールされている。 高級ブランドは、このオフラインの需要回復の需要を捕捉するために先に行き、価格で量を補うためにも存在します。

今年に入って頻繁に値上がりした理由は、記者が数回、ルイ・ヴィトンのブランド親会社であるLVMHグループのスタッフに電話をかけたが、番組放送の時点では反応を得られなかったからだという。

<< 希望と始まりを照らす美しい窓「レインボープロジェクト」をLVオープン

>> 買い急ぎ! シャネルが値上げへ!多くの店舗で長蛇の列ができています でも次の日は恥ずかしかった。